症例集・矯正歯科


矯正歯科では審美性と機能性の両方に焦点を当てた、総合的な治療を行います。機能的な面が不十分であれば、せっかく矯正を行って整った歯並びを手に入れても、咬み合わせのズレや歯周病を引き起こす原因などの問題が起こってきてしまいます。


こちらの患者様は、歯が重なり合ったりしてデコボコに生えてしまっている叢生(乱ぐい歯)の状態でした。叢生の場合、歯ブラシがゆきとどかず、汚れが残りやすくなり虫歯や歯槽膿漏、 口臭の原因になることがあります。そのため矯正治療を行いました。
治療後は、歯が一直線に並び機能性が高まりました。今後の課題は、審美的な見た目の改善を患者さんと相談いくとこです。


こちらの患者様は、犬歯の隣の歯を失いそのままの状態を放置していました。そのため、犬歯の位置が徐々にズレてきてしまいました。
そのため、部分矯正で犬歯をもとに位置に戻し、歯を失ってしまった部分にはインプラントを埋入しました。「奥歯の食べ物をすりつぶす動き」や「前歯の咬み切る働き」の調節など大きな役割をになっている犬歯も削ることもなく健康な状態で残し、機能性、審美性共に回復することが出来ました。また、向かって左側の審美障害も一緒に改善しました。
矯正歯科の詳しい情報はこちら
詳細はこちら 詳細はこちら