一般歯科


痛みや出血などのお口の問題をかかえ、ご来院された際は、まず一般歯科で診療を行います。また、はじめて当院にご来院された方は、より良い治療がご提供できるよう、カウンセリングでじっくりお話をお伺いしております。どんな小さなことでもお気軽にご相談下さい。

虫歯はなぜできるの?

虫歯の原因菌(ミュータンス菌)が食事をした際に歯の表面や歯と歯の間に残った食べカスに集まり増殖するのが虫歯ができる始まりです。この細菌の塊がプラーク(歯垢)です。歯にべとつきを感じるのは、歯垢が溜まっている証拠です。その後、プラークが食べカスを発酵し、酸が作りだします。そして、この酸によって歯の表面の硬いエナメル質が柔らかく溶かされ虫歯が生まれるのです。

しかし、プラーク(歯垢)が形成され始めてから実際に歯を溶かす酸を作り出すまでには、24〜48時間かかると言われております。そのため1日1回きちんと歯磨きやフロスを行い、食べカスを取り除けば虫歯は出来ないのです。しかし、毎日きちんとは歯を磨いていたのに虫歯になってしまった…。そのような方は少なくないでしょう。その原因は、歯磨きやフロスを正しく使えておらず食べカスが気づかないうちに残ってしまっていることが原因です。歯磨きやフロスはご自宅で行え、効果の高い予防法です。そのため正しい使い方を行えば、毎日手軽に行える最高の予防法ではないでしょうか。
当院では、定期検診で正しいブラッシング・フロスの使い方の指導を行っています。染め出しを使用し、磨き癖などを患者様と一緒に確認し、丁寧に指導にあたっています。また、専用の機械を使って普段のブラッシングでは落としきれない歯石や汚れを清掃するP.M.T.Cや歯を強くするフッ素塗布なども虫歯予防にとても効果があるためお勧めしております。

また当院では、あなたのお口の健康を保ち一生涯に渡って守り続けるための口腔内完全の検査システム「デンタルドック」を行っております。新しい歯科医療として現在とても注目されている分野です。
一年に一度、体の健康診断を受けるように、歯の健康診断を行う習慣をつけてみませんか?初期の虫歯や歯周病は自覚症状がありません。そのためご自身が気付かないうちに症状が進行してしまっているケースが少なくありません。1本でも多くご自身の歯を守るためにデンタルドックはとても重要と言えます。
なお、当院には日本歯科ドック学会認定医が常駐しており、分かりやすく丁寧な説明ときめ細やかなサポートで検査を行っております。まずはお気軽にご相談下さい。

デンタルドックについて

虫歯の進行

多くの方は歯がしみたり痛みを感じ、虫歯に気づくのではないでしょうか?しかし、このような症状はかなり進んでしまっているケースです。虫歯の進行状態にはC1~C4の4段階ので分類されます。またC1の手前のごく初期の虫歯は、CO(「シーオー」Caries Observation=経過観察)と呼ばれています。この段階での治療は歯を削らずに、歯ブラシやフロスの正しい使い方の指導で歯の再石灰化を促進し、自然治癒で治療を行います。

いままで虫歯治療は主に、修復に重点を置かれていました。しかし、虫歯になってしまった部分を削って埋めるというのは、細菌にやられた後の「後始末」です。本当に大切なことは、しっかりとした予防を行い、虫歯にならない強い歯を作ることです。たとえ虫歯になってしまっても、COの早期段階で歯を削らずに治療を終わらせことが重要です。歯を削る行為は歯や歯の周辺組織には大きな負担がかかります。そのためたとえ虫歯が治ったとしても、歯の寿命が短くなってしまっているのです。ご自身の歯で一生涯にわたり食事や会話が楽しめる幸せな生活が送れるよう、日頃のメンテナンスや定期検診を一緒に行っていきましょう!