診療システム・プラークコントロール


プラークコントロールは、虫歯や歯周病などの細菌による感染症予防には欠かせないものです。そのため、患者様にもきちんと理解していただき、ご自身でも出来るようになることが再発防止に繋がります。そのため当院では治療と一緒にプラークコントロールについての指導も行っております。

なぜプラークコントロールが必要なのか

このホームページをご覧になったきっかけは何でしょう?
歯に穴があいた?「つめもの」「かぶせもの」がはずれた?
もっと深刻で、「痛い!」「うみが出る!」「腫れた!」その原因は噛む力のコントロール不良か、細菌です。かみあわせは自分で変えることができないのでここでは割愛しますが、もうひとつの細菌についてはあなたの協力なしには変えられないのです。おくちのトラブルでお悩みのあなた、もう痛い思いをしないようにしましょう、もう息を気にしなくても会話できるようにしましょう。
そのキーワードが「細菌」なのです。

>>この続きはこちら

プラークコントロールについて

プラークコントロールという言葉は知っているが、実際どんなものなのかは分からないという方は少なくないのではないでしょうか?

まずプラークとは歯垢とも呼ばれ、お口の中に存在する細菌が食べカスをエサに増殖して出来た細菌の塊です。この作り出されたプラーク(歯垢)は放っておくと、酸を歯を溶かす生産し虫歯の原因になったり、歯と歯茎の間に入り込み歯周病の始まり歯肉炎を引き起こす原因にもなります。この歯の健康を害すプラーク(歯垢)の数を減らす方向へ、コントロールするということをプラークコントロールといいます。

では、プラークコントロールとして具体的に挙げられるものとしてはどのようなものがあるでしょうか?

歯磨きは、毎日自宅で行える手軽で効果の高いプラークコントロールです。しかし、きちんと磨いているつもりでも実は磨き残しがあったりして、効果を発揮出来ていない場合があります。そのため、歯科医院で染め出しなどで磨き癖などを確認し、正しいブラッシングを身につけることが大切です。

デンタルフロスなら歯ブラシだけでは難しい歯肉溝や狭い歯間でもしっかり届き効果的に食べカスやプラークを擦り落とすことが出来ます。デンタルフロスが初めての方は最初使うのに苦労されるかもしれません。当院ではデンタルフロスの使い方も指導も行ってますのでぜひお気軽にご相談下さい。

歯と歯茎の隙間がある場合には、歯間ブラシを使用することで、効率的に歯の根元の食べカスやプラークを除去することが出来ます。
歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に、食べカスやプラークが溜まると歯周病はどんどん進行し、歯を失う危険もあるのです。

歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシも効果の高いプラークコントロールですが、これだけでは取り除けない頑固なプラークもあるのです。
そのため、定期的に歯科医院で専用の器具を使用してプラーク除去を行うことも必要です。

患者様の声

プラークコントロールの指導を実際に体験した多くの患者様に、「やってよかった」というご感想を頂いております。
また一部にはなりますが、プラークコントロール指導を受けた後の感想やその後の変化など患者様にお寄せ頂いたお言葉をご紹介いたしますので、ぜひご参考にご覧下さい。