インプラント


インプラントは、ブリッジや入れ歯にかわる最先端の治療です。失った歯の代わりに、顎の骨に人工歯根を埋め込んで固定式の歯を作ります。入れ歯と異なり確実な固定ができ、天然歯と変わらない外観と噛む力が得られるため、再び食事や会話を楽しみ、歯のある幸せを実感することが出来るでしょう。

インプラントのメリット

インプラントの根っこの部分は、人工歯根と呼び顎の骨に直接埋め込みます。そしてこの人工歯根はチタンと呼ばれる金属で作られています。チタンという金属は骨と非常に結合しやすい性質を持っています。

その理由は、チタンが分子レベルまで骨と非常に似ている組織をしているということです。通常ですと、骨は生きている組織のため、異物が侵入してくると骨はそれを排除とします。しかし、チタンは骨と同じような組織をしているため、骨が異物だとは思わずに、逆に結合を始めるのです。これが骨結合する原理です。そのため、人工的に埋め込んだインプラントでも、自分の天然歯と同じように強く支えることが出来るのです。そのため、インプラントには以下のようなメリットがあります。

骨に直接結合しているインプラントなら硬いものもしっかり噛んで食事をすることが出来ます。またスポーツなどで力を入れるときにも奥歯で噛み込め力が入りまし、立ち上がる際など行動の変化のときにもしっかり力を入れることができます。そのため歯を失い、咀嚼力の低下で歯から顎への刺激が減り、顎が痩せてしまう等の問題も起こりません。
 
インプラントにより、多くの方が歯を失ってしまったことによる口元のコンプレックスを解消しています。
インプラントの被せ物は、患者様に合わせて選択することができるため、周囲の歯に合わせた自然な仕上がりで、留め金などもありませんので天然歯のような美しい仕上がりです。
 
インプラントには、ブリッジの留め金や入れ歯の床などがないので、違和感や会話がしづらいと感じることがほとんどありません。またズレたり外れてしまったりという心配もありませんので、ご自身の歯のように会話を楽しむことが出来ます。

 
 

インプラントについてもっと詳しく知りたい方は、インプラントについて解説した専門サイト「歯周病インプラントサイト」をご覧下さい。

  ファミーユ歯科監修・歯周病インプラントサイトはこちら!

最先端のCTで検査し、安全な治療を行います。

ドクターズファイルインプラントや親知らずの抜歯など、外科手術を行うには2次元的画像よりも立体的な画像が診断の際に必要です。レントゲン(パノラマ撮影)のみの検査で、技術と経験に頼った手術を行うのではなく、きちんと神経の位置や骨の状態を確認した上で、より確かな治療を行うことが質のいい歯科治療と患者様のご負担を減らすために重要です。当院の最先端歯科用CT「RevoluX」で、患者様にはより安全で安心できる治療をご提供いたします。

>>詳しくはこちら

インプラントの様々な治療法

インプラントは、1本から全ての歯を失った場合まで様々なケースに合わせて治療することが可能です。そのため状態に合わせた治療方法がありますのでいくつかご紹介いたします。ご参考にご覧下さい。

総入れ歯からのインプラントに変える際は、オールオンフォー(ALL ON 4)という治療をお勧めしております。埋入するインプラントは4本で済むため手術費用が比較的安価に抑えられ、 手術当日に仮の歯を装着しその日から軽い食事をとっていただくことができる新しいインプラント治療法です。
iインプラントは審美性が高くとても自然な仕上がりのため、特に前歯などにの比較的目立つ箇所をインプラントにされる方が多い傾向にあります。
奥歯を失ってしまった場合、従来ではブリッジをかけることができず、部分入れ歯で補う治療でした。しかし、金属の金具が邪魔であったり、しっかり噛むことが出来ず違和感を感じてしまう場合がありました。しかしインプラントをすることで、硬いものもしっかり噛み切ることができ、天然歯のような噛み心地を実感することが出来ます。

インプラントを受けた患者様の声

70代女性 M.K様からのメッセージ

 

噛む事のしあわせ感。肉も野菜もしっかり噛んで、恥ずかしくない食べ方が出来るようになり、友人との会食も楽しく参加出来るようになりました。

 

歯周病インプラントセンター東京杉並
 
メッセージ詳細