小児歯科


小さなお子様の乳歯や生えたての永久歯は、歯の表面のエナメル質がまだ薄くてとても柔らかい状態です。 そのため虫歯の原因である酸に溶けやすく、虫歯になるとあっという間に進行してしまいます。そこで小児歯科では早期治療と虫歯予防がとても大切になってきます。 お子様と一緒に定期検診や予防ケアを行い、歯に関する正しい知識やブラッシング法を優しく教えてあげましょう。

銀のスプーンの願い

欧米では、「銀のスプーンをくわえてきた子供は幸せになれる」と言い伝えがあり、誕生日に贈る習慣があります。生まれて初めて食事をする時に使うスプーン。温度を調べるのにお母さんが自分の唇にスプーンを当ててから食べさせる光景は微笑ましいものです 。
しかしそのスプーンから虫歯菌などが伝染している可能性があるならば、驚くでしょうか?虫歯菌は生まれたばかりの子供には存在しません。人を介して、例えば家族を通じて口の中に入ってくるのです。では菌を移さないように子供に近寄らないようにする…それでは寂しいですよね。それに外敵から身を守る細菌など良い細菌は、むしろ移った方が良いのです。ではどうすれば良いのでしょうか? 
やはり周りの大人が健康的な口内環境を維持することだと思います。また大人同士でも共に生活をしていると感染する可能性もあり、家族単位での感染除去の必要があります。ぜひ大切なお子様の健康を守る為にも、ご家族皆様でお口の健康維持を心がけることが重要です。

乳歯と永久歯の関係

乳歯は生後6ヵ月頃から生え始め、2歳半~3歳ごろにかけてゆっくり生え揃います。乳歯はいずれ抜けてしまい、永久歯が生えてくるまでの代わりの歯と感じる方もいらっしゃると思いますが、決してそうではありません。
乳歯には、お子様の成長や乳歯抜けて生えてくる永久歯に関わる大切な役割を担っています。そのため乳歯もきちんとメンテナンスを行うことが必要です。
もし、乳歯が虫歯によって早く抜けてしまうと、食べ物をしっかり噛むことができません。しっかり噛めないと、食べ物の消化を助けてくれる唾液の分泌が低下し、食事からの栄養を効率よく吸収が出来なくなってしまうことがあります。また発音を覚える大事な幼児期に、抜けてしまった歯があることで発音がうまく出来ず発音障害が生じてしまったり、顎や全身の全身の正常な発育を妨げてしまうことにもなります。乳歯を健康に保つことは、正常な発育のために欠かせないことです。

また、乳歯は永久歯が生えてくる正しい位置を誘導するという重要な役割もあります。そのため乳歯がないと永久歯が正しい位置に生えてくることが出来ず、永久歯の歯並びにも影響を及ぼします。そのためご家族の方が毎日きちんとお口の中をチェックを行い、虫歯で歯を失うことがないようケアしてあげましょう。